歯科治療・歯科学会研究・歯科情報を辻田歯科医院から発信

コンセプト

CONCEPT 辻田歯科医院が考える治療

当院では、「予防歯科」「抗加齢歯科」「口腔内科医」「全人的医療」の4つの概念を軸にお口の健康を取り戻し、一生保っていただけるよう全人的に関わって参ります。

そして、一度治療した歯は二度とやり替えることのないように、メンテナンスで維持管理をする・・・これこそが、当院が考える歯科診療です。どのようにご自分の歯を生涯に渡り守っていくか、という考え方を大切にしています。
治療方針
  • 予防歯科

    予防歯科

    日本では、「歯医者さん」というとまだまだ、歯に問題がでてから行くところという考えの方がほとんどだと思いますが、海外では、歯に問題が出ないように歯医者さんに定期的に通う「予防歯科」とという考え方が常識となってきています。

    むし歯や歯周病といったものは、普段のブラッシングや生活習慣、体質などによって決まります。ですから、むし歯などになりやすい方というのは、それらの習慣を改善できていないということになりますので、何度も何度も治療を繰り返し、いずれは自分の歯を失ってしまうということにもなりかねません。

8020運動
日本とスウェーデンでの80歳以上での残存歯数に2倍以上の差があることは非常に衝撃的なことだと思います。日本では、1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が「8020(ハチマルニイマル)運動」をスタートさせました。これは、「80歳になっても20本以上の自分の歯を保とう」という運動です。20本という考え方は、普段の食生活で20本以上の歯が残っていれば、ほぼ満足した食事ができるというところからきています。

しかし、日本では、「8020(ハチマルニイマル)運動」と言葉を聞いたことがある人は沢山いらっしゃると思いますが、それを目指すための「予防歯科」を定期的に受診されるという方はまだまだ少ないようです。

この「予防歯科」に対する認識の違いが、残存歯数の違いとなって現れています。
是非、一度想像してみてください。毎日の食事の際に、自由に食べ物を噛んだりすることにストレスを感じるとしたら・・・
  • 抗加齢歯科

    抗加齢歯科

    「抗加齢歯科」というと言葉は、まだまだ皆さんにとって馴染みがない言葉かもしれませんが、「アンチエイジング」というとどうでしょう?女性の方なら特に「お肌のアンチエイジング」ということで、日々、実践をされている方もおおいかと思います。その「お肌のアンチエイジング」の「お肌」を「お口」に置き換えた「お口のアンチエイジング」というのが「抗加齢歯科」になります。

    食事をする、人と会話をすると言った基本的な動作。女性の方、接客業、営業の方などは特に気になる審美的なもの、そして、現在では、口腔環境の悪化が他の病気を引き起こす原因ということも分かってきています。これらのことは、日常生活を快適に過ごす上でも、とても大切なことであり、老化、加齢が進んでからの対応ではなく若いうちから対応し、症状がでないようにする、症状がでるのを遅らせる、症状がでてもその進行を遅らせるということを行っていきます。

    【お口の老化、加齢を自覚する症状例】
    歯の喪失・歯茎の腫れ、出血(歯周病)、口臭、味覚障害、ドライマウス(口腔乾燥症)など

    【口腔環境の悪化による身体への影響】
    歯周病との関連性が指摘されている病気・・・狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、妊娠性歯肉炎、低体重児早産、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、腎炎など

    ドライマウスによる影響・・・むし歯、歯周病、誤嚥下性肺炎、摂食嚥下障害、免疫の低下など

  • 口腔内科医

    口腔内科医

    「口腔内科」は、お口に関する問題を口腔内だけの問題としてとらえずに、全身の問題として考え病気の診断と治療を行います。

    例えば、歯が痛い、アゴが痛いといったものが口腔内の問題ではなく、身体の他の部分の問題であるということがあります。わかりやすいところでは、歯茎からの出血の原因が白血病、歯の痛みの原因が脳腫瘍であったりというものです。

    他には、糖尿病や他の病気、病気治療のための薬の影響による口腔乾燥症(ドライマウス)、神経疾患、血液疾患による口腔内の異常、ビタミン不足、ストレスなどによる異常など様々です。

  • 全人的医療

    「全人的医療」とは、歯医者さんに来たからといって、お口の中だけの局所的な問題としては考えずに、患者さんの心理、社会的側面なども含めて幅広く考慮しながら、個々人に合った総合的な疾病予防や診断・治療を行う医療のことをいいます。

    これからの歯医者は、昔のようにただ治療をするためにいくところだけではなく、歯の疾患がでないように予防するために利用する歯医者であるべきと考えます。

    身体に異常がでてからの対応では、痛みや不調によるストレス、治療にかかる時間的な制約、金銭的な負担等、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)が低下してしまいます。

    専門医として、皆様のQOLを向上させるためのサポートをさせていただきます。

辻田歯科医院

辻田歯科医院

TEL: 06-6991-0225


〒570-0056
大阪府守口市寺内町1-11-18

【診療科目】
虫歯治療/口腔内科/歯周病治療/小児歯科/矯正歯科/インプラント/予防歯科

【診療時間】
午前: 9:30~13:00
午後:14:00~18:00
【休診日】
水曜(振替診療の場合あり)、日曜、祝日
invisalign